定点観測 株式投資

【投資信託】eMAXIS Slim シリーズの騰落率を比較【#1】

投稿日:2020年5月4日 更新日:

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

こんにちは。FP技能士のTaku3です。

今回から月例でeMAXIS Slim シリーズの2020年1月6日以降の騰落率(評価額の動き)をまとめた記事を投稿します。

私自身、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に投資をしているのですが、投資を始める前には、

  • 「米国経済は圧倒的に強いし、米国に集中投資すべきかな?」
  • 「全世界に分散した方が世界情勢が変わっても柔軟に対応できるかな?」
  • 「全世界にしたって、日本を入れた方がいいのかどうか…」

などなど、かなり迷ったうえでオール・カントリーを選びました。

この記事は過去の私と同じような悩みを抱えている方に読んでもらいたいです。

こんな人に読んでもらいたい
  • 「投資を始めたいけど、何に投資をすれば良いか分からない」
  • 「投資先を選ぶにあたって過去のデータを参考にしたい」
  • 「自分が投資をしていない資産クラスのデータも気になる」

この記事では eMAXIS Slim シリーズ全てを対象として、2020年1月6日を基準とした基準価額の推移を比較します。

この記事の内容

2020年1月6日を基準とし、全ての eMAXIS Slim シリーズの基準価額の推移を比較

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

この記事を読むことにより、各資産の値動きの参考データが得られます。

この記事を読んで得られること
  • どの資産がどういった値動きをしているかが理解できる

ちなみに結果はこんな感じ↓

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

過去が未来を示すとは限りませんが、過去を知らずに未来に投資するのも危険です。

ぜひ参考にして下さい。

eMAXIS Slim シリーズの騰落率の比較

白人男性, 三次元モデル, 孤立しました, 3 D, モデル, 完全なボディ

全資産クラスの比較

騰落率の推移

まずはチャートで確認。

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3
引用元:三菱UFJ国際投信

コロナショックでほとんどの資産が20%から50%下落する中、債券は国内・先進国ともに下げが極端に小さいです。

それでも若干下げてますので、もはや債券は株式と逆相関、つまり逆の値動きをする関係にはないってことが読み取れます。

リートは爆下げ。
株式以上に下げてます。
コロナショック前に流行りに流されてリートに投資した人、息してますか???

株式の優劣はチャートじゃゴチャゴチャに絡み合っててよく分からないですね…

なので棒グラフでも確認します。

3月19日時点(下落率が高かった)と5月1日時点(現在)の各ファンドの騰落率です。

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

改めて見ると、債券の安定感はすごい。
コロナショックって何?って感じの値動き。

株式ファンドでは米国(S&P500)が強さを見せてます。
3月19日の暴落率も低いし、そこからの回復も早い。
やはりアメリカは強い!
S&P500を中心とした米国集中投資派が多いのもうなずけます。

債券を25%組入れているバランスファンドはその他の資産の動きに支配されてか、株式と同等の値動きとなってます。
ややマイルドかな。

国内リートはコロナショック前にはかなり高値圏にあるとの見解も多かったし、下げ幅が株式よりも大きいです。

全世界株式(オール・カントリー)派の人(私自身)のために、オール・カントリーの騰落率線を追加したグラフも載せときます↓

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

騰落率ランキング

次に2020年5月1日時点での騰落率ランキング(リターンランキング)。

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

下落局面でのデータなので、騰落率のプラス側から債券>株式>リートって感じで綺麗に並んでます。

株式にしても先進国>新興国って感じで教科書どおり。

オール・カントリーは良くも悪くも株式クラスの中間に位置してます。

うん、作戦どおり。笑

暴落しなかったランキング

次に2020年3月19日の暴落率が少なかった順にファンドを並べました。

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

こちらも騰落率ランキングと同様に、騰落率のプラス側から債券>株式>リートって感じで綺麗に並んでます。

株式も先進国>新興国って感じで教科書どおり。

またしてもオール・カントリーは良くも悪くも株式クラスの中間に位置。

うん、作戦どおり。笑

各資産クラス別の比較

参考に各資産クラス別のグラフも載せておきます。
興味のある方は御覧下さい。

株式ファンド

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3
引用元:三菱UFJ国際投信
eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3
eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

ちなみにeMAXIS Slim の全世界株式3種類の比較は以下のとおり。

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3
引用元:三菱UFJ国際投信
eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3
eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

全世界株式を選ぼうとしている人の中には「オール・カントリー」と「除く日本」でどちらに投資しようか迷っている人もいると思いますが、そもそも日本の組入れ比率が7.3%しかないため、リターンに大きな差は生まれません。

3地域均等型は新興国の割合が大きすぎるので、個人的にはおすすめしません。

債券ファンド

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3
引用元:三菱UFJ国際投信
eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

リートファンド

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3
引用元:三菱UFJ国際投信
eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

バランスファンド

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3
引用元:三菱UFJ国際投信
eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

【まとめ】リスク許容度を把握するためにも暴落シミュレーションは大事!

eMAXIS Slim, 騰落率,比較,投資信託,Taku3

今回は全 eMAXIS Slim シリーズのリターンを比較しました。

結論
  • 今や株式と債券は逆相関の関係にはない
  • 全世界株式に日本を含めようが除こうが、騰落率に大きな差はない
  • 米国(S&P500)はやはり強い!
  • コロナショックではリートは35~47%程度、株式は24~30%程度、債券は1~2%程度の暴落となった

無理やり結論を書きましたが、あまりにデータの集計期間が短期過ぎますね。

長期投資家はこういった短期的な値動きに惑わされないように。笑

ただ、自分の資産がコロナショックのような暴落相場でどの程度下落する可能性があるか、シミュレーションしておくことは大事だと思います。

真のリスク許容度は暴落を経験しないと分からないとはいえ、シミュレーションによってある程度は精度を上げられます。

本記事が少しでも投資先の選定やリスク許容度の把握に役に立てばと思います。

今回は以上です。

以下は関連情報です。参考になれば嬉しいです。

関連情報

長期投資が前提であれば、私は株式投資をおすすめします。
株式が最強の資産であることは歴史が証明しています。

インデックス投資をする場合、運用コストには気をつけましょう。
eMAXIS Slim シリーズは業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指し続けるファンド。
迷ったら eMAXIS Slim シリーズでOKだと思います。

私はeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)に投資しています。
全世界株式へのインデックス投資は王道です。

-定点観測, 株式投資
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

資産形成の目的

私が資産形成をする目的(達成したいこと)

こんにちは。Taku3です。 先日こんな記事を書きました。 私が資産形成について真面目に考えるようになったきっかけ 今回は私が資産形成をする目的(達成したいこと)について記事にしたいと思います(ダレト …

全世界株式,インデックス,分散

【リスク低減だけじゃない】全世界株式インデックス投資の分散効果①

こんにちは。Taku3です。 以前にこんな記事を書きました。 相関係数と株価指数から見る全世界株式インデックス投資のリスク分散の効果 この記事の結論は以下のとおり。 上記の記事の結論 相関係数と株式指 …

【現金+全世界株式+持株会】シンプル資産運用の成績を公開【#9】

【現金+全世界株式+持株会】シンプル資産運用の成績を公開【#9】

こんにちは。凍死家のTaku3です。 今回は、毎月恒例にしている「現金+全世界株式+持株会」によるシンプル資産運用の成績を公開します。 先月は6ヶ月ぶりにプラ転しました! しかし9月は米国株を中心に株 …

資産形成,きっかけ

私が資産形成について真面目に考えるようになったきっかけ

こんにちは。Taku3です。 先日以下のツイートをしました。 皆さんがお金の勉強を始めたきっかけは何ですか? 義務教育では教えてくれないお金の話。 私は息子を授かりぼんやりとお金について考え始め、金持 …

資産拡大目的で外貨建て保険(ドル建て保険)に加入するのはやめよう

こんにちは。FP技能士のTaku3です。 皆さん、外貨建て保険(ドル建て保険など)に加入していませんか? 加入の目的は何ですか? 結論から言うと、「資産拡大が目的であれば、外貨建て保険は非常に効率が悪 …

プロフィール

こんにちわ。Taku3です。
本ブログでは『息子に伝えたいお金の話』ということで、資産形成(投資、節約、節税など)について皆さんに有益な情報を届けたいと思います。
フツーのサラリーマンが気ままに運営しますので、どうか優しく見守ってやって下さい。

日本ブログ村バナー(資産運用(投資))