シミュレーション 株式投資

株式100%よりも債券を少し入れた方がリターンが上がる説を検証

投稿日:2020年6月28日 更新日:

株式,債券,リターン

こんにちは。Taku3です。

皆さんは株式100%よりも債券を少し加えた方がリターンが高くなるって聞いたことありますか?

こんな人に読んでもらいたい
  • 「株式100%で投資している」
  • 「株式100%よりも少し債券を入れた方がリターンが良くなるとは思ってない

私はこれがよく理解できないので、この記事で株式と債券の比率を段階的に変化させ、そのリターンを比較します。

この記事の内容
  • シミュレーションの前提条件
  • 全世界株式+国内債券の場合
  • 全世界株式+先進国債券の場合
  • 【おまけ1】全世界株式+現金の場合
  • 【おまけ2】株式の投資先別のリターン比較(地域別

この記事を読むことにより、債券を加えてリスクを低減することがリターンを高める可能性があることが理解できます。

この記事を読んで得られること
  • 株式100%よりも債券を10~30%程度加える方がリターンを高める可能性があることが理解できる

ぜひ参考にして下さい。

シミュレーションの前提条件

パズル, Dna, 研究, 遺伝的, ピース, 3 D, ヘルスケア, 健康
シミュレーション条件
  • 元本100万円を追加投資なしで30年間運用
  • 株式と債券の比率を10%ずつ変更してリターンを確認
  • 株式は全世界株式とする(先進国82:新興国10:日本8)
  • 債券は国内債券と先進国債券の2パターン
  • 期待リターンとリスクは「ファンドの海」を活用して算出
  • リスクは1標準偏差のみで考え、1年目はプラス側最大値→2年目はマイナス側最大値→3年目はプラス側最大値・・・といった形で毎年プラスとマイナスを交互に変動する
  • 相関係数は考慮しない
  • インフレなどその他の変動要因は考慮しない

全世界株式+国内債券の場合

まずは株式と国内債券の組合せ。

結果がこちら↓

全世界株式と国内債券の比率別リターン

株の比率が高ければ高いほどリターンが高いという結果に…

あれ?話が違うやん…

数字でも確認↓

全世界株式と国内債券の比率別リターン

*青字は株式比率を下げたのにリターンが変わっていないモノを示す

うん、基本的に株式の比率が高ければ高いほどリターンが高くなる結果になりました。

全世界株式+先進国債券の場合

次に株式と先進国債券の組合せ。

結果がこちら↓

全世界株式と先進国債券の比率別リターン

国内債券の時とは違って株式比率を60%まで下げてもあまりリターンが変わっていない気が…

よく分からないので数字で確認します↓

全世界株式と先進国債券の比率別リターン

*青字は株式比率を下げたのにリターンが変わっていないモノを示す
*赤字は株式比率を下げたのにリターンが上がっているモノを示す

やっぱり!

株式比率100%よりも株式比率70~90%の方がリターンが高いという結果になってます!(ちょっとだけですが)

株式比率が下れば下がるほど期待リターンは下がりますが、その分リスクも下がるためこういう結果に。

株式100%より債券を少し入れた方がリターンが上がる説、本当の可能性があります。

【おまけ1】全世界株式+現金の場合

ちなみに債券を現金に変えたケースがこちら↓

全世界株式と現金の比率別リターン
全世界株式と現金の比率別リターン

*青字は株式比率を下げたのにリターンが変わっていないモノを示す

株式比率が高ければ高いほどリターンが高いという普通の結果になってます。

【おまけ2】株式の投資先別のリターン比較(地域別)

もう1個おまけで投資地域別のリターンを同様のルールで比較しました↓

株式の投資先別のリターン(地域別)
株式の投資先別のリターン(地域別)

新興国がぶっちぎりです。

・・・このシミュレーション、合ってんのか???笑

【まとめ】債券を入れてリスクを低減することはリターン向上につながる

相乗効果, 世界の地図, 歯車, ビジネス, 提供します, 協力, 契約

今回は株式100%よりも債券を少し加えた方がリターンが上がるって説を検証しました。

結論
  • 株式100%よりも先進国債券を10~30%程度加える方がリターンを高める可能性がある

株式と国内債券 or 現金の組合せの場合は株式比率が高い方がリターンが上がるという結果でしたが、株式と先進国債券の組合せの場合は債券を10~30%程度加えた方がリターンが上がるという結果に。

相関係数を無視したシミュレーションなので実際のリターンとはかなり異なるかと思いますが、相関係数って時代のどこを切り取るかで大きく変わるので考慮しませんでした。最近は株式が下れば債券も下がってたりしますし。

いずれにせよ、株式100%の値動きに耐えられる15年以上の長期投資前提の人にとっては株式100%でも良いのでは?って個人的には思います。

今回は以上です。

以下は関連情報です。参考になれば嬉しいです。

関連情報

今回の記事でも確認できましたが、リスクを低減することがリターンを向上させることが分かります。

リターンとリスクをコントロールするにはアセットアロケーションで調整するのが手っ取り早いです。

長期投資ではリスクは低減すると聞くことがありますが、それは違うと思います。

-シミュレーション, 株式投資
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NISA,非課税

課税口座で非課税口座と同等の売却益を得るために必要なリターンの差

こんにちは。Taku3です。 みなさん、つみたてNISAなどの非課税制度、活用してますか? つみたてNISAを使わない人は個別株で市場平均をアウトパフォームするのが目的ですか? こんな人に読んでもらい …

【投資信託とは?】初心者でも分かる投資信託の仕組み

こんにちわ。Taku3です。 老後2,000万円問題など、資産運用の重要性が叫ばれる昨今、「投資信託」という言葉を耳にする機会も増えてきました。 しかし、 そもそも投資信託って何?名前、怪しくない? …

ドルコスト平均法

【ドルコスト平均法と一括投資】長期リターンの比較シミュレーション

こんにちは。Taku3です。 ドルコスト平均法と一括投資、どっちで投資した方が良いんだろう?という疑問を持っている人も多いかと思います。 結論から言うと、株式投資の場合、私は「積立ルールに則ったドルコ …

投資信託,個別株投資,リバランス,効率

投資信託(含むETF)は個別株投資よりリバランスの効率が良い理由

こんにちは。Taku3です。 今回はリバランスの際に発生するコストに着目して、投資信託(含むETF)と個別株投資を比較したいと思います。 こんな人に読んで欲しい 「投資信託/ETF/個別株の何に投資を …

【考察】投信ブロガーが選ぶ!Funf of the Year2019の発表結果をファンド選びのセオリーに当てはめてみた

こんにちは。Taku3です。 今回は遅ればせながら、先日発表された『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019』の発表結果について、私の思うところを書きたいと思います。 このイベン …

プロフィール

こんにちわ。Taku3です。
本ブログでは『息子に伝えたいお金の話』ということで、資産形成(投資、節約、節税など)について皆さんに有益な情報を届けたいと思います。
フツーのサラリーマンが気ままに運営しますので、どうか優しく見守ってやって下さい。

日本ブログ村バナー(資産運用(投資))