シミュレーション 株式投資

【億り人】資産1億円達成のために必要な運用利回り別の積立額&期間

投稿日:2020年8月14日 更新日:

資産1億円達成のために必要な運用利回り別の毎月積立額(散布図),積立額50万円以下のみプロット

こんにちは。Taku3です。

先日以下のツイートをしました。

皆さん、リアルに億り人を狙ってて恐ろしいです。笑

今回は資産運用で億り人を目指す場合の運用利回り別の必要積立額&期間について記事にしました。

こんな人に読んでもらいたい
  • 「億り人になりたい」
  • 「資産運用で億り人を目指している」
  • 「でもどの程度の利回りでどの程度の積立額&期間が必要か分からない」

この記事では、億り人になるために必要な積立額&期間を運用利回り別に整理します。

この記事の内容
  • 資産1億円を達成するために必要な積立額&期間を運用利回り別に整理

この記事を読むことにより、自分が億り人になりたい年齢までにどのくらいの利回りでどの程度の積立額が必要になるかがイメージできます。

この記事を読んで得られること
  • どのくらいの積立額でどのくらいの期間に渡って資産運用をすれば、資産がどのくらい積み上がるかがイメージできる。

ちなみに結果はこんな感じ↓

資産1億円達成のために必要な運用利回り別の毎月積立額(リスト)

ぜひ参考にして下さい。

シミュレーション条件

業界, 産業4, ウェブ, ネットワーク, ポイント, 手, 指, タッチ

以下の条件でシミュレーションします。

シミュレーション条件
  • 投資期間は1年~40年の40パターン
  • 運用利回りは0%~10%の11パターン
  • 必要毎月積立額は楽天証券の積立かんたんシミュレーションを使用して算出

以下が楽天証券の積立かんたんシミュレーションの画面です↓

シミュレーション手法
引用元:楽天証券

それでは結果にうつりましょう↓

シミュレーション結果

人工知能, 脳, 思う, コントロール, コンピューター科学, 電気工学, 技術

全パターンのシミュレーション結果をプロットしました↓

資産1億円達成のために必要な運用利回り別の毎月積立額(散布図),全パターン

…すみません、全然よく分かりませんね。笑

積立年数5年未満とかいらんやろ!

毎月積立額ウン百万円ってなんやねん!!!

って感じ。

次項以降で詳細見ていきます↓

毎月積立額100万円以下のみ表示

毎月100万円も投資をできる人は超レアだと思いながらもこの辺から見ていきたいと思います。

資産1億円達成のために必要な運用利回り別の毎月積立額(散布図),積立額100万円以下のみプロット

この入金力だと最短7年で億り人に!

インデックス投資で期待できるレベルの運用利回り4%以上でれば8年で1億円に到達します。

運用しなくても(利回り0%でも)9年あれば億り人!!!

…こういう人は資産運用して資産をリスクにさらす必要性、あまりないかもです。笑

毎月積立額50万円以下のみ表示

次は毎月積立額50万円以下で見てみます。

資産1億円達成のために必要な運用利回り別の毎月積立額(散布図),積立額50万円以下のみプロット

この入金力だと最短10年で億り人に!

しかし、そのためには運用利回りが10%以上が必要になります。

運用しなくても(利回り0%でも)17年あれば億り人!!!

…このクラスの人も資産運用して資産をリスクにさらす必要性、あまりないかもです。笑

毎月積立額30万円以下のみ表示

次は毎月積立額30万円以下で見てみます。

資産1億円達成のために必要な運用利回り別の毎月積立額(散布図),積立額30万円以下のみプロット

この入金力だと最短14年で億り人に!

しかし、そのためには運用利回りが9%以上が必要になります。

運用しなくても(利回り0%でも)28年あれば億り人!!!

運用利回り4%以上のインデックス投資をすれば20年以内には到達できそうです。

毎月積立額20万円以下のみ表示

次は毎月積立額20万円以下で見てみます。

資産1億円達成のために必要な運用利回り別の毎月積立額(散布図),積立額20万円以下のみプロット

この入金力だと最短17年で億り人に!

しかし、そのためには運用利回りが10%以上が必要になります。

そしてついに期間40年では運用なしで億り人にはなれないという結果に…

「40年後でいいから億り人に」

って人でも最低1%の利回りで資産を運用する必要がありそうです。

運用利回り4%以上のインデックス投資をすれば25年以内には到達できそうです。

毎月積立額10万円以下のみ表示

次は毎月積立額10万円以下で見てみます。

資産1億円達成のために必要な運用利回り別の毎月積立額(散布図),積立額10万円以下のみプロット

この入金力だと億り人になるには最短でも23年かかります。

しかもそのためには必要な運用利回りは10%以上。

「40年後でいいから億り人に」

って人でも最低4%の利回りで資産を運用する必要がありそうです。

40年かけてもいいならインデックス投資でも達成できる見込みが高いですね。

毎月積立額5万円以下のみ表示

次は毎月積立額5万円以下で見てみます。

資産1億円達成のために必要な運用利回り別の毎月積立額(散布図),積立額5万円以下のみプロット

実際このくらいの入金の人が多いでしょうか?

この入金力だと億り人になるには最短でも29年かかります。

しかもそのためには必要な運用利回りは10%以上。

「40年後でいいから億り人に」

って人でも最低7%の利回りで資産を運用する必要がありそうです。

インデックス投資ではこの辺が限界か???

いや、かなり厳しい???

毎月積立額3万円以下のみ表示

次は毎月積立額3万円以下で見てみます。

資産1億円達成のために必要な運用利回り別の毎月積立額(散布図),積立額3万円以下のみプロット

積立NISAで億り人を狙う人はここら辺が該当。

この入金力だと億り人になるには最短でも34年、それも運用利回り10%以上の場合です。

「40年後でいいから億り人に」

って人でも最低8%の利回りで資産を運用する必要がありそうです。

インデックス投資に運用利回り8%を期待するのは酷なので、この辺の入金力の人はリスクをとってアクティブ運用をする必要がありますね。

お父さんの小遣いってくらいの額ではさすがにインデックス投資で億り人達成は厳しいようです…

毎月積立額1万円以下のみ表示

最後は毎月積立額1万円以下の場合です。

資産1億円達成のために必要な運用利回り別の毎月積立額(散布図),積立額1万円以下のみプロット

…真っ白。

何もプロットされていない…

そう、毎月1万円の入金で40年以内に億り人になるのは現実的ではないってことですね…

【まとめ】インデックス投資でも億り人になるのは可能だが時間がかかる…

懐中時計, 時間の, 砂, 時間, クロック, クロックの顔, ポインター

今回は運用利回り別に億り人になるために必要な積立額&期間を整理しました。

結論
  • 入金力は正義!運用利回りは正義!
  • インデックス投資の年率平均リターンを4%とした場合、インデックス投資で億り人を目指す場合の期間と毎月積立額の目安は以下のとおり
    • 10年で達成したい→毎月積立額は68万円が目安
    • 20年で達成したい→毎月積立額は28万円が目安
    • 30年で達成したい→毎月積立額は15万円が目安
    • 40年で達成したい→毎月積立額は9万円が目安

年率平均リターンをどう想定するかによりますが、インデックス投資で億り人を目指す人は毎月10万円くらいを積立てないと40年以内に億り人ってのは難しいのかも。

個人的にはリターンの想定は低めに見積もるべきだと考えているので、私の場合は年率平均リターンは4%と想定して運用しています。

今のまま入金できたとしたら、定年までには億り人かな。

…長い!笑

まあ実際に資産を運用するとなると山あり谷あり、資産額の増減が激しいため今回のシミュレーションのようにキレイな曲線を描くグラフにはなりません。

参考程度に見て頂ければ幸いです。

今回は以上です。

以下は関連情報です。参考になれば嬉しいです。

関連情報

経済的自由を手にするための資産の目安は1億円です↓

人それぞれ資産形成の目的は異なります。ちなみに私は億り人を目指しているわけではありません。↓

資産運用では期待リターンに目を奪われがちですが、リスクに目を向けることも有効です↓

-シミュレーション, 株式投資
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株式投資

【貯金より投資!】本当の安全資産は現金ではなく株式である理由

こんにちは。Taku3です。 コロナショックで株価大暴落。やっぱ投資って危ない。株式って危ない。 そういった印象を持たれている人も多いかと思います。 こんな人に読んで欲しい 現金でしか資産を保有してい …

宝くじ,ギャンブル,投資,違い,還元率

還元率から見る投資とギャンブルの違い【宝くじは究極のギャンブル】

こんにちは。Taku3です。 今回は投資とギャンブルの違いについて。 ギャンブル嫌いな人でも宝くじを買ってる人、多いですよね。 私が思うに、宝くじって究極のギャンブルです。 こんな人に読んでもらいたい …

【現金+全世界株式+持株会】シンプル資産運用による運用成績を公開(2020年2月時点)

こんにちは。Taku3です。 資産運用を実践している人、これから資産運用を始めようと考えている人の中には、実際に資産運用をしている人の運用成績が気になる方も多いかと思います。 特に資産運用の経験がない …

リバランスありなしのリターン比較(株式リスク20%の場合)

【リバランスとは?】株式投資でのリバランスの効果を数値で確認

こんにちは。Taku3です。 今回はリバランスについての記事です。 こんな人に読んでもらいたい 「リバランスってよく聞くけど何のことかよく分からない」 「リバランスをする意味がよく分からない」 「リバ …

【投資信託】インデックス投資における運用コストの重要性を比較検証

こんにちは。FP技能士のTaku3です。 今回は、投資信託を選ぶ時には運用コストを気にしましょう!って記事です。 こんな人に読んでもらいたい 「投資信託を活用した資産運用を始めたい!」 「運用コストが …

プロフィール

こんにちわ。Taku3です。
本ブログでは『息子に伝えたいお金の話』ということで、資産形成(投資、節約、節税など)について皆さんに有益な情報を届けたいと思います。
フツーのサラリーマンが気ままに運営しますので、どうか優しく見守ってやって下さい。

日本ブログ村バナー(資産運用(投資))